賢くレンタルするポイントはこれだ!

>

トータル料金で正確に比較するために

延長料金とキャンセル料を確認しておこう

レンタル料も大事ですが、費用はトータルで見たいものです。ですので、レンタル料そのもの以外の費用に注目してみましょう。
まずは延長料金です。何らかの理由で当初の契約日数では足りなくなった、なんてことはよくあることです。その場合の延長料金については確認しておくべきですね。
通常は延長料金は発生するものですが、中には発生しない業者もあります。まずは、延長した場合の費用の有無、有りならばいくらなのかを確認しておきましょう。
あとほとんどないと思いますが、念のためキャンセル料についても確認しておくべきです。キャンセル料金は、キャンセル時期によって負担額が変わってきます。発生しない場合もあれば、全額負担の場合もあります。こういうところをしっかり表記していない業者は避けた方が無難です。

納品・返却方法について

同じ機種を同じ用途でレンタルする場合でも、受け取り・返却方法によって料金が変わってくるお話をしたいと思います。
何をレンタルするのかにもよりますが、例えば、Wi-Fiルーターなどは受け取り・返却方法が業者毎に異なったりします。
A社では国内Wi-Fiルーターの受け取り・返却が宅配のみで1日660円、B社は空港受け取りのみで1日580円、C社は両方可能で宅配で780円空港受け取りで650円とか。
ちょっと複雑ですが、利用者がどの受け取り・返却方法を選ぶかで最安値は変わってきますよね?
これはもちろん、レンタル料金に送料手数料を組み込んでいるからなってしまうことなのですが、どの方法で受け取りたいか返したいかを決めて比較することが大切になってきます。


この記事をシェアする